DAppsって何?EthereumとLiskの今後はどうなるのか

分散型アプリケーションプラットフォームはDecentralized Applicationsと呼ばれており、略してDApps(ディーアップス)と表現されます。

※Decentralizedとは非中央集権という意味です。

そもそもプラットフォームは大まかに分けると「集中型プラットフォーム」と「分散型プラットフォーム」の2種類があります。

分散型と集中型プラットフォームの違いとは?

集中型プラットフォームの例としてはFacebook、Twitterとかユーザーが特定の管理者サーバーにアクセスする必要があるものを指します。ビジネス・サービスの多くは何らかのプラットフォームに依存しているケースが多いです。

分散型プラットフォームは中央の管理者が必要なくそれぞれユーザーのサーバーにアクセスすることになります。管理者不在なのが特徴ですね。

イメージしづらいかもしれませんが、企業を通さずに直接コンテンツをリリースしたりすること。

たとえば予備校に通っている場合は、その塾のブランド(河合塾とか駿台、代々木ゼミナールとか)に通っている状態になりますけど、そこの講師と直接やりとりして個人的に契約を結んで自宅に来てもらうようにすれば、予備校というプラットフォーム外の関係になりますよね。

そうやって企業とかのブランドと切り離して個人そのものとつながったりするのが分散型のプラットフォーム^^

LiskとEthereumは代表的なプラットフォーム型の仮想通貨

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)は分散型のプラットフォームを持つ仮想通貨です。プラットフォーム型の仮想通貨とも言われています。Liskというプラットフォームがあって、その中で使用される通貨がLISK。Ethereumのプラットフォームではether(エーテル)になります。

もちろんLISKやEthereumがないとそれぞれのプラットフォームで活動することはできません。

ですからEthereumのプラットフォーム(世界)が発展すると信じている人はEthereumへコツコツ投資をしているわけです。わたしも特にEthereumにはかなり可能性を感じています。提携している企業数もどんどん増えているし、アプリの開発も進んでいます。今もっとも注目されるべき仮想通貨だと思います。

ただ、Liskも負けていません。特徴は大きく以下の2つあります。

Liskはサイドチェーンを使用して処理速度が速い

→メインチェーンだけではなくサイドチェーンも使うことで処理速度を早い状態で保つことが可能です。

Ethereumはすべてのスマートコントラクトのやりとりがメインチェーンに記述されていきます。1つのメインチェーンに負荷がかかっていくので送金の遅延などが起きやすいのが欠点です。まるまる膨れ上がって重たくなるイメージです。

一方のLiskはメインではなくサイドチェーンに記述がされていくので1つのメインチェーンに依存することがなく、セキュリティにも強く処理速度も速くなります。メインチェーンに記述される情報もすくなくて済むので、万が一ハッキングなどの被害を受けたとしてもそのサイドチェーンだけを切り離せば対処できる可能性が高いです。

スマートコントラクトの記述言語がJavascript

スマートコントラクトコードで使用されるプログラミング言語が有名なJavascriptを採用しています。Javascriptは一般的なプログラマーで知らない人はいないほど知名度の高い言語で自由に扱えるプログラマーやSEもすでに多いはず。

わざわざ専用のプログラミング言語を学ばせる必要がないので開発者を準備するのが楽そうですね。本屋に行けばjava関連のプログラミング言語を学べる書籍はたくさん見つかります。

EthereumはSolidityというEthereum専用のプログラミング言語が使用されています。Ethereumでスマートコントラクトをプログラミングする際には、専用のSolidityという言語を覚えなければいけません。開発者をそれぞれ準備するのに時間がかかりそうですね。

LiskとEthereumの今後はどうなるの?

正確に予測するのは難しいですが、Liskは2018年1月にbitflyer(ビットフライヤー)へ上場を果たしました。さらにはマイクロソフトとの提携も噂されていますので、今後の注目通貨の1つであることは間違いありません。

Ethereumについてはコアなファンも多く、

イーサリアム企業連合(EEA)とは

イーサリアム 今後

EEAとはEnterprise Ethereum Allianceのことでイーサリアムに出資している企業連合体を表しています。日本の有名企業TOYOTAもメンバーになっています。自動車販売においてイーサリアムのスマートコントラクトを導入したい狙いのようですね。

イーサリアム トヨタ

トヨタだけじゃなく、JPモルガンやMUFG、KDDI、INTELなどの超有名企業も提携をしていますΣ(・□・;)

LISKに出資する(している)企業は?将来性はあるのか

イーサリアムに出資している企業はかなり多いことが分かりますし、おそらくこれからも増えていきます。

ではLISKの場合は…マイクロソフトのWindows Azureと提携することで話題になったぐらい。やはりEEAに参加する多くの企業には敵いません^^;

LISKはサイドチェーンによるスケーラビリティー向上(処理速度アップ)や開発言語がJavascriptなど、かなり魅力的に見えますが提携している企業はイーサリアムと比較すると圧倒的に少ない状況です。まだまだLISKがイーサリアムに肩を並べるのは先になるかな。

でも私はETHだけではなくLISKにも投資を行っています^^

LISKはこれから先、長い目で見守っていきたいアルトコインです。

LISKもETHと同じく「将来性はある」と個人的に考えています。でも、それ以上にイーサリアム(ETH)の勢いがすごいので、メジャーな仮想通貨に投資したい人は間違いなくイーサリアムの方がいいかなと思います。