仮想通貨の取引所/販売所の違いってなに??

仮想通貨の投資をスタートさせたいけどそもそも取引所と販売所って何が違うのでしょうか。

わたしも仮想通貨投資にチャレンジする前に気になったところでもあります。まず押さえておきたいのが、仮想通貨を買うためには2つの方法があることです。

coincheckやbitflyerという仮想通貨を売買できる販売所には販売所だけではなく「取引所」の機能も備わっているところがあります。

基本的に取引所の方が手数料も抑えられて安く買うことができます^^

わたしは最初の頃は取引所をつかうのが面倒くさくて、普通に販売所でこつこつビットコインやイーサリアム、リップルを購入していました。手数料がかかるのは知っていたけど簡単に買えるんですから。せっかちな性格のわたしには販売所が合っているって思ってました。

でも、取引に生じる手数料も塵も積もれば山となる。積み重なるとけっこう馬鹿にできない額になってきます。

取引所も兼ねている販売所ってどこ?

取引所はcoincheck、bitflyerにもありますが、取引できるのは現在のところビットコインのみです。ですからリップル(XRP)やリスク(LSK)などのアルトコインは販売所で購入しなければいけません。

えー、リップルを取引所で買いたいんだけど

という人は、アルトコインの取引所があるzaifあるいはビットバンクを使いましょう。

できるかぎり安く手に入れたいのであれば取引所を使うのがいいと思います。

それからクレジットカードでの購入をするのはオススメしません。手数料がかなり高いですから^^;

面倒だけど、自分の銀行口座から指定された口座へ現金を地味に送金しましょう。送金の手数料もかかるけど1回につき400円程度ですから。